壊したキャノンのEOS Kiss Mを修理に出した

先日キャノンの「EOS Kiss M」を壊したわけですが。

早速 WEB から修理依頼をしました。

その際、「引き取り修理サービス(セルフ梱包)」を使用して修理を申し込みました。

これは、送られてきた梱包材に自分でカメラを梱包して送るサービスで、エア袋(緩衝材)、テープ、着払の宅配伝票が送られてきます。

エア袋の中に EOS Kiss M を入れてみたのですが・・・

スカスカ
スカスカ

スカスカでめちゃくちゃ動く。

全体が緩衝材なので、どれだけ動いても壊れることはないと思いますが、すごく不安。

別途エアパッキンが付いてくることがあるようですが、今回は付いておらず。

どう考えてもこれはエアパッキンが必要だと思う。

家にある緩衝材入れようかとも思いましたが、余分なものを入れるのもどうかなと思ったので、蓋部分を内側に押し込むことで動きが少なくなるようにしました。

蓋部分を押し込んだ
蓋部分を押し込んだ

この状態で段ボールの蓋を閉め、テープを貼って、その上から伝票を貼って終わり。

伝票にはあらかじめ必要事項がすべて入力されているので、こちらで何かを書く必要はありません。

あとはコンビニなどに持って行って発送手続きをするだけ。

コロナウイルスの影響がまだ残っている感じですが、果たしてどのぐらいで返ってくるでしょうか。

進捗があればまた記事にしようと思います。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください