LINEスタンプを作って売ってみよう 第一回

「副収入が欲しいな・・・」

そんなことを毎日考えています。

正直転職して収入が減りました。

でも欲しい物はいっぱいあるわけで。

誰かが言っていました。

「収入に見合う生活をするのではなく、生活に見合う収入を得る努力をするのだ」と。

そんなこんなで副収入源を求めていますが、仕事後自宅に帰って手軽にできる在宅ワークはなかなか見つからない。

会社の先輩が写真を売って月2万ほどお小遣いを稼いでいるなんて話していましたが、写真を始めてたかだか数か月の自分に売れるほど高品質な写真が撮れるわけがない。

それに無料素材として配りたいとか考えているのに売ってしまったら意味が無い。

でいろいろ考えていたら先輩が「今流行のLINEスタンプでも作って売ったら?」と。

LINEクリエーターズマーケットが始まったばかりの頃に1度やってみようかとは考えたものの、スタンプにするキャラクターのイメージが湧かず断念。

しかし、最近作ってみたいなって思えるキャラクターのイメージが湧いていたので、それをスタンプにしてみようかと。

作りながら何回かに別けて記事を更新していこうと考えているので、たぶん全部書くのに数ヶ月かかると思われます。

その頃にLINEクリエーターズマーケットが廃れて無ければいいけど・・・

自分のスキル

LINEスタンプを作る上で必要であろうスキルは「絵心」。

絵心・・・

ド下手と言われるほどではないが上手でもなく、そこそこ無難な落書きが描けます。

昔描いた8等身で豊満ボディーなミ○ーマウスの落書きが「体つきが素晴らしい」と友人に褒められたことがあります。

正直その程度です。

自分はデザイナーとかではありません。

へたれなプログラマ擬き(今はシステム会社に勤めていないためプログラマという立ち位置ではない)です。

なので正直色彩感覚とも優れてはいないでしょう。

Photoshopやillustratorも全然使えません。

そんな人間がLINEスタンプを作って販売しようという無謀な試みをしているのです。

制作環境

道具はペンタブ(1万円未満の安物)、ソフトはAdobe CS5のPhotoshopとillustratorを持っています。

あと使えそうなのはiPad miniとスタイラスペン(100均のやつ)。

まず思いつくのは、紙に書いた落書きをスキャナーで取り込んで色塗りする方法。

これはPhotoShopとペンタブを使うことに。

Photoshopで色塗りとか難しそうだし、第一にペンタブ自体上手に扱えない。

じゃあ紙に書いたものに色塗りして、それを写真に撮るかスキャナーで取り込めばパソコンで色塗りする手間なし!

しかし、自分は色塗り自体が苦手・・・(どうしても斑が出て残念な仕上がりになります)

他の方法としてはiPad miniに入ってるお絵かきアプリでガリガリ描く。

その場合はテキストも手書きになります。

字下手だしなぁ・・・

パソコンに取り込んでテキスト載せる方法もありますが、手書きの絵に機械的な書体は合わないし・・・

なので、パスで適当に描いて着色した雛形を、コピペしてサクサク作れそうなillustratorがいいのではないかと。

ということで、自分はillustratorで作成していこうかと思います。

せっかくCS5持ってるのに全く使ってないですし、これなら初期費用掛けず無料で作れるので。

LINEスタンプ作成条件

まずはLINEのアカウントが必要になります。

たぶん作ろうって人で持ってない人は滅多にいないと思いますが、無い人は作りましょう。

画像素材としては下記3種類。

メイン画像

形式 PNG
サイズ 240px × 240px
必要数 1個

スタンプ画像

形式 PNG
サイズ 縦80~320px × 横80~370px
必要数 40個

トークルームタブ画像

形式 PNG
サイズ 縦74px × 横96px
必要数 1個

テキストとしては下記4種類。

クリエーター名 半角50文字以内
スタンプタイトル 半角40文字以内
スタンプ説明 半角160文字以内
コピーライト(著作権表記) 半角50文字以内(英数字のみ)

注意事項としては

  • スタンプ画像のサイズは偶数のサイズにする
  • 解像度は72dpi以上
  • カラーモードRGB推奨
  • 画像は1個 1MB以下
  • キャラクターなどの背景は透過
  • すべてまとめたZIPファイル(画像もテキストもすべて)は20MB以下

だそうです。

また、スタンプ画像は上下左右10px程度余白を開けなければいけないそうなので、実際に描ける絵柄の最大サイズは
縦300px × 横350px
になります。

下記ページにガイドラインが載っています。
⇒ ガイドライン – LINE Creators Market

「キャラクターなどの背景は透過」ってことは背景単色塗り潰しNGってことかな?

にしてもスタンプ画像40個って・・・

そんなにネタ出てくるかな。

というかその前にパターン作れるほど絵心ないしillustratorも使いこなせない。

既に雲行き怪しい感じですが何となく頑張ります。

1日2個作れば20日間で完成するので、11月中の完成を目指そうかと。

雑記

LINEアプリ内のスタンプショップは230ヶ国に対応しているそうです。

なので作ったスタンプを外国の人が買うことも想定できます。

そう考えると日本語の吹き出し入れない方がいいのかな?

日本語入ってると外人さんは日常的に使えないだろうし。

それとも吹き出し入れた方が日本語好きな外人さんに受けが良かったりするのか?

しかしLINEの利用率はほぼ日本のみな状況らしく、あまり海外の事を気にせず作ってもいいのかな?

下記ページのサイトさんにその辺の事がいろいろ書かれています。
⇒ LINEの自作スタンプは上位200位でも70万円の収入!作るときに海外を視野に入れる必要はあるのか

今回はあまり難しく考えるとコケそうなので、海外は意識せずとりあえず作りたいものを作っていこうと思います。


「LINEスタンプを作って売ってみよう 第一回」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。Xperia Z3 tablet compactで辿ってたら見つけました。サイトデザインが良くて、取り上げる内容もほぼ興味ありなのでブックマークしています。
    色塗りは想定する世界観によっていろいろだと思います。LINEスタンプは一度考えましたがいいアイディアが浮かびませんでした。

    1. はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      デザインは提供されてるテンプレートなので、作った方のセンスがいいんですよ。
      LINEスタンプはアイディアも必要だし40個考えないといけないし、そこそこツールを使いこなせないといけないので正直しんどいですね。

コメントを残す