Windowsタブレットを買った

激安Windowsタブレットことドスパラの「Diginnos DG-D08IWB」。

つい先日、かねてよりユーザーから熱望されていた32GB版が発売されました。

どこかのブログで「ハードディスクの16GBと32GBの値段差なんて5000円くらいだし、絶対32GB版を発売すると思う」と豪語していた方がいて、その人の言葉が現実となりました。

しかし、またまたつい先日にマウスコンピューターがWindowsタブレットを発表。

名前は「WN801V2-BK」。

前に欲しいと言っていた「WN801-BK」のバージョンアップ版らしい。

問題なのはそのスペック。

なんと「Diginnos DG-D08IWB 32GB」ととても似通っている。

下記で双方の詳細なスペックを比較してみた。

端末名 Diginnos DG-D08IWB 32GB WN801V2-BK
OS Windows 8.1 with Bing 32bit版 Windows 8.1 with Bing 32bit版
CPU インテル Atom Z3735F プロセッサー インテル Atom Z3735F プロセッサー
メモリ 2GB 2GB
ストレージ 32GB 32GB
ディスプレイ 8インチ液晶 (WXGA 1280×800) 8インチ液晶 (WXGA 1280×800)
無線LAN IEEE802.11 b/g/n IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 + HS Bluetooth 4.0 + LE
カメラ 約200万画素(前面背面共に) 約192万画素(前面背面共に)
センサー 加速度センサー
GPS
加速度センサー
インターフェイスポート microSDカードスロット x1
microUSB x1
microHDMI x1
ヘッドフォン端子 x1
microSDカードスロット x1
microUSB x1
microHDMI x1
ヘッドフォン端子 x1
稼働時間 約6.1時間 約5.8時間

細かい部分を見ると「Diginnos DG-D08IWB 32GB」の方が少し優秀に見えるがほぼ同レベル。

しかし、一番の大きな違いはOfficeが搭載されているかいないか。

「WN801V2-BK」は標準でOffice Home and Business 2013が搭載されています。

搭載されて700円くらいしか違わないなら「WN801V2-BK」の方が魅力的。

外出先で地図を見るなどiPadのような活用方法はせず、持ち運びできる手軽なPCとして使うならOfficeを標準搭載している「WN801V2-BK」が断然お得。

とわ言ってみたものの、残念ながら購入したのは「WN801V2-BK」ではありません。

「Diginnos DG-D08IWB」でもありません。

「Diginnos DG-D08IWB 32GB」でもありません。

「Diginnos DG-D09IWB」です。

8.9インチのWindowsタブレットで「Diginnos DG-D08IWB 32GB」と一緒に発売が開始されました。

なぜ8.9インチにしたか。

友人が持っている「Lenovo Miix 2 8」を触らせてもらったんですが、Windowsを8インチで触ると所々使いずらい部分があると感じました。

しかし、10.1インチは携帯性に欠ける。

そこで中間の8.9インチをチョイス。

3週間待ちとのことなので年明けの受け取りになりそうです。


コメントを残す