Adobe Creative Cloudの各ソフトウェアが一斉にアップデート

6月20日にAdobe Creative Cloudの各ソフトウェアがアップデートされました。 と言っても全てのソフトウェアではなく、一部はアップデートされていません。 バージョン表記も「CC 2016」ではない。 どうやら、メジャーアップデートではない模様。 毎年この時期にはメジャーアップデートがリリースされているのですが、今年は先送りなのかな? しかし、表のバージョン表記は変わらないものの、内部のバージョンは上がってるいる物もあるのでやはりメジャーバージョンアップなのか? まぁ悩んだところで真相はAdobe様のみぞ知るといった感じですよね。 自分が使用している物の主だったアップデートは下記の様な感じ。

illustrator CC

illustrator CC 2015.3
illustrator CC 2015.3
・バージョンが2015.3(内部バージョンは19⇒20)に ・アセットとアートボード書き出しの機能向上 ・ライブシェイプの機能向上 ・学習パネルの充実 ・Adobe Experience Design CCとの連携に対応 ⇒ Illustrator CCの新機能

Photoshop CC

photoshop CC 2015.5
photoshop CC 2015.5
・バージョンが2015.5(内部バージョンは16⇒17)に ・ソフトウェアのレスポンスを向上 ・コンテンツに応じた切り抜きができるようになった ・アートボードの機能強化 ・書き出し機能の強化 ・Adobe Experience Design CCとの連携に対応 ⇒ Photoshop CCの新機能

After Effects CC

afftereffects cc 2015.3
afftereffects cc 2015.3
・バージョンが2015.3(内部バージョンは13.7⇒13.8)に ・ソフトウェア全体が高速化し信頼性が向上 ・「再生前にキャッシュ」の機能が向上 ・レンダーキューの開始時のプロジェクトを自動保存できるようになった ・エフェクトの一部がGPU高速処理を使用するようになった ⇒ After Effects CCの新機能 Dreamweaver CCに関してはバージョンアップではなくアップデートのベータ版が公開されました。 illustratorとPhotoshopが「Adobe Experience Design CCとの連携に対応」したそうですが、Adobe Experience Design CCというソフトの存在をこの時初めて知りました。 どうやら少し前からプレビュー版が公開されていたようです。(現時点でもまだプレビュー版) WEBデザインのフレームワークをサクッと作れるソフトだそうで、ちょっと触ってみましたがシンプルなillustratorといった感じ。 直感でデザインを構築できます。 また、ピクセル単位で拡大縮小や移動などができるためillustratorの様に書き出したら枠がボケちゃったなんてこともなさそう。 しかし、現時点でMac版しか公開されていません。 後々Windows向けにもプレビュー版を出すそうなので楽しみです。   相変わらずなグダグダでしたが、一応のまとめてみました。

コメントを残す