Canon PIXUS iP4700のヘッドを洗浄した

先日 Canon のインクジェットプリンター PIXUS IP4700 に互換性のある格安インクカートリッジを購入したわけですが。

印刷の色が薄いような気がするんですよね。

色々調べているとヘッダを掃除(洗浄)してみると直るかもという情報を見つけたので早速試してみました。

これは Canon が推奨している方法ではありませんので故障につながる恐れがあります。
行う場合には自己責任で・・・

■やり方

  1. インクカートリッジを外します。

    インクカートリッジを外す
    インクカートリッジを外す
  2. グレーのレバーが付いているので、それを写真の様に上げます。

    レバーを上げる
    レバーを上げる
  3. ヘッダを取り出します。

    ヘッダを取り出す
    ヘッダを取り出す

    ヘッダの周りを見てみると・・・

    汚れ
    汚れ
    なんか飛び散ってる
    なんか飛び散ってる

    想像以上に汚れていますね。

  4. ヘッダの底面を薄く水を貼った容器に浸けます。

    水に浸ける
    水に浸ける

    インクがじんわりと染み出てきます。

    汚れが浮いている
    汚れが浮いている

    このまま少し放置。

    しばらくしたら取り出して、ティッシュなどで拭きます。

    インクの付いたティッシュ
    インクの付いたティッシュ

    するとインクが付くので、これをインクが付かなくなるまで繰り返します。

  5. ティッシュにインクがある程度付かなくなったら、上から水を入れ中に詰まっているインクを染みださせます。

    上から水を入れる
    上から水を入れる

    これも水がきれいになるまで何度か繰り返します。

  6. ヘッダの周りについた水をきれいにふき取り、念の為少し放置して乾かします。

    完全に乾いたらプリンタに戻します。(濡れた状態で戻すと感電の恐れがるので必ず乾燥させること)

以上で掃除は完了。

掃除前と掃除後を比較。

掃除前と掃除後の比較
掃除前と掃除後の比較

見違えるほどきれいになりましたね。

どれぐらいきれいになるか確認するため、早速テスト印刷。

しかし・・・

印刷濃度は変わりませんでした。

薄いと思ったのは自分の勘違い?だったようです。

■補足

わざわざこんな面倒なことをしなくても、ヘッダ全体を水に浸けて放置したほうが楽な気もしますが・・・

電子部品なのでヘッダ全体を水に浸けるのはおすすめしません。

というか壊れると思います。

浸けて壊れた場合は自己責任で。


コメントを残す