Windowsはタブレットかネットブックか

寝転がりながら作業ができる環境が欲しい。

そんな理由でWindowsのタブレット求めている訳ですが。

一番の有力候補は「ThinkPad 8 タブレット」。

ThinkPad 8 タブレット
ThinkPad 8 タブレット
安心のLenovo製でちょうどいい8インチサイズ。

5万円程度なのでノートパソコンを買うより安い。

そして最近マウスコンピューターから発表された「WN801-BK」。

WN801-BK
WN801-BK

画面8.3インチで約2万5000円とお手頃!

Windows 8.1 with Bing搭載で実現された低コストタブレット!

しかもOfficeも搭載!

しかし、メモリが1GBだったりUSBが2.0だったりとThinkPad 8に比べると見劣りする面もあり、最新機種なのにWiFiがacに対応してなかったりするのも残念ポイント。

ただ、それを含めても値段から見るお手頃感は凄まじい・・・

そんなタブレットがひしめく中、ASUSが投入したネットブック「EeeBook X205」。

EeeBook X205
EeeBook X205

ネットサーフィンが普及し、手頃に買えるPCとして人気になったネットブック。

当時はイーモバイルに契約するとタダで貰えるなど、完全に契約のオプション扱いになるほど低価格を実現したネットブック「EeePC」シリーズの新型「EeeBook」。

ネットブックが死語になりかけた今、再び戻ってきた!

スペックとしては「WN801-BK」の画面が11.6インチになってキーボードが付いたイメージ。(メモリなど仕様が違う部分は多々あります)

持ち運びにも楽だし、キーボード付だから入力も楽だし、タブレットと違って画面も傷つきにくい。

値段は約2万7000円。

欲しい。

しかし残念なことにタッチパネル非搭載、かつ日本発売は未定。

折りたたんでタブレット的にも使える感じだったら最高だったのになー

なんてことをノートパソコンである「ThinkPad X201i」で書き込んでいます。

本当はベッド脇PCであるMac miniで書き込む予定だったんですが、リモートでメインのWindowsに繋ぐと入力おかしくなっちゃうし、記事で使う画像加工しようにもGimpが日本語表示非対応で操作が面倒くさい。

そんなこんなでMac miniは完全な動画再生用PCに成り下がっています。

正直寝転がりながら記事を書きたければこのノートパソコンがあるし、ネットサーフィンするだけならiPad miniがある。

でも、出かけたときのことなどを考えると、このX200iはコンパクトなのはいいのだが6セルバッテリーを積んでるので重い。

記事にあげる画像は全部pngでかつ圧縮したものを使うようにしているので、iPad miniだと不便。

そうなるとWindowsのタブレットとかネットブックが欲しくなってくる。

しかし、今年はXperia Z3 Tablet Compactを買う予定があるので無駄に使える予算はない・・・

Xperia Z3 Tablet Compactを買ってみたら意外とWindowsタブレット要らなくなるかもしれないし、もう少し考えてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です