トンボのついたPDFファイルをトンボを消した画像ファイルとして出力する方法

ある日の仕事で会社案内の画像データが必要になった。

共有フォルダに保存されていた PDF は印刷用のデータ(トンボが入ってるやつ)だったため、仕方なく Acrobat で画像に出力して Photoshop でトリミングすることに。

が、しかし。

「解像度が高すぎて出力できません」的なエラーが表示され出力できない。

なので、デザイナーさんに「イラレのデータください」と交渉してみる。

が、しかし。

「データが 4GB くらいあっておいそれと渡せるデータではない」と言われる。

「じゃあトンボの入ってない PDF ください」と交渉するも、どうやらそのデザイナーさん曰く、トンボをわざわざ外して新たに PDF を書き出す作業が面倒くさいらしい。

なので「画像でください」と交渉してみると、「見開きでよければ簡単に出力できるよ」と言われ、それを送ってもらうことに。

そして送られてきたデータはというと・・・

サイズが小さい・・・

これじゃあ文字読めねぇよ!

ということでなんか面倒くさくなり、どうにかトンボ入り PDF を画像ファイルに出力する方法を探すことに。

そして見つけたのが Photoshop で PDF ファイルを開くという方法。

やり方

  1. 該当の PDF を Photoshop で開きます。
    ※開き方は Photoshop から直接「ファイル」>「開く」でもいいし、ファイル右クリックで「このアプリケーションで開く」でも「プログラムから開く」でも OK

  2. 「PDF の読み込み」というウィンドウが表示されます。

  3. 「選択」にページ毎のプレビューが表示されるので、読み込みたいページを選択します。

    画面1
    画面1
  4. 「ページオプション」の「トリミング」を「仕上がりサイズ」にします。

    画面2
    画面2
  5. 「OK」をクリックすると該当ページが仕上がりサイズ(トンボのついてないサイズ)で Photoshop に読み込まれるので、あとは「WEB 用に保存」で画像ファイルとして出力するだけ。

さすが Photoshop 様!

しかし、この方法には欠点が。

1ページづつ開いて保存しなければいけないため、ページ数が多いと作業が大変。
(shift キー押しながらやると複数選択できました)

ちなみにバージョンは Adobe CC 2014 と CS 6 で試しました。

なので CS 6 より低いバージョンではできないかもしれないので悪しからず。

追記

1づつしかできないと書きましたが、後日試したところ選択画面で shift キーを押しながら選択すれば複数選択が可能でした。

あと Adobe CC 2015 でもできました。

コメントを残す