iPhone XSがお目見え

今朝早くに Apple の発表会「Apple Special Event September 2018」があったわけですが。

「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種が発表されました。

新型iPhone
新型iPhone

正直”Max”って安っぽい感じがするので”Plus”の方が良かったんじゃないかなと思ったり。

「iPhone XR」は iPhone 5c 以来の廉価版と言われていますが、iPhone 5c の様に型落ちの CPU を使用しているわけでもなく、値段は発売開始時の iPhone 8 とほぼ変わりません

確かに素材を変更したり機能を削減したりしていますし、 iPhone X シリーズの中で考えれば一番安いのですが・・・

廉価版と呼ぶべきなのかは微妙な立ち位置。

iPhone X も含めた性能比較を書こうと思ったのですが、内容が細かいのでぜひ公式サイトの見やすくてわかりやすい比較表をご覧ください。
iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

今回の新機種発表で「iPhone SE」と「iPhone 6s」が販売を終了しました。

年々画面が大型化していくのを見るに、もう「iPhone SE」の様な小型端末を作る気はないのかも。

そして、iPhone 6s は先日ドコモが docomo with へ投入したばかり。

果たして今後の国内での販売はどうなるのか?

価格変更で iPhone 7 が iPhone 6s と同じ価格になったそうなのですが、先日投入したばかりなのにいきなり販売をやめて iPhone 7 を投入するとも考え辛い。

半年ぐらいは取り扱い状態にするのかな?

個人的には早々に iPhone 7 を docomo with に入れてくれると選択肢が増えてうれしいのですが。


今回の発表会で感じたのは、必ずしもデュアルカメラでなくても良いのだなと。

Xperia も今回の iPhone と同様に無印、Compact、Premium で同じ CPU を搭載する場合がほとんどです。

CPU を同じにした状態で価格差を出すには、やはり費用が抑えやすいカメラやディスプレイが犠牲になるのかなと。

格安なのにデュアルカメラを搭載している端末は、大半がミドルレンジかそれ以下の CPU を搭載しています。

CPU を犠牲にしてカメラの性能を上げる(といってもそれほど高画質ではない)くらいなら、CPU を上げた方が処理能力に余裕を持てるためユーザーの不満も少なくなると思います。

また、CPU で統一することで新 OS への対応が早くなるといったメリットも上げられます。

ただ、iPhone は OS はもとよりパーツも全て自社の管理下にあるため、細部にまでわたる細かなチューニングが行えますが、Xperia はそれができません。

今回の iPhone XR もチューニングを行い、シングルカメラでも申し分ないようにカメラ性能を上げているようです。

その点で Xperia は iPhone に追いつけないのかなと感じてみたり。

もちろん今回発売された Xperia XZ3 も最高の性能を引き出せるようにチューニングしているそうですが。


iPhone の記事のはずなのに Xperia のことを書いてしまいましたが、もしこの中で買うなら iPhone XR かな。

もし、docomo with に iPhone 7 が投入されるのならそちらでもいいのですが。

果たして iPhone 6s はどうなるのか。

新型よりもそっちの方が気になっていたりします。

コメントを残す