Appleの発表会が終わってみて

発表から1日経過して、チラホラと話題にする人も出てきました。

そんな中で気になる事。

Apple Watchを「iWatch」て言う人が多い。

なんとなくその気持ちはわかる。

発表前から噂話でiWatchって名前が浸透してしまっている今、Apple Watchってなんかしっくりこないですよね。

でもApple Watchなんです。

そしてもう一つ。

Apple WatchにSIMを挿せると思っている人が多い。

Apple Watchは腕時計型スマートフォンだと認識しているみたいです。

電話も出来るよって言われたら、そりゃあ勘違いもしますよね。

でもSIM挿せません。

Apple WatchはiPhoneの情報を通知したりするウェアラブルデバイスです。

iPhoneと連携してこそ能力を発揮するんです。

というかiPhoneと連動しなければ使えません。

SmartWatch3の様に、WiFi機能を有しているならば単独動作も可能ですが、そういった詳細はまだ公開されていません。

なのでiPhoneと連動しなければ時計機能の時刻修正が出来ず、時計としての機能が台無しに。

WiFi搭載で単独動作できるのであればiPhone持ってない人でも買えそうですね。

ということで、上記2点が話している中で気になる誤解。

■追記


Apple WatchはWiFi搭載でした。

ただ、GPSは非搭載でiPhoneのGPS機能を共有するらしいです。

連携対応機種はiPhone5以上。

iPadやiPod touchとの連携は発表会では言及されていないみたいです。

WiFi搭載だから単独動作できるのかな?

でもiPhoneからアプリをインストールするって書いてあるので、どちらにしろ時計以外の機能を活用するにはiPhone必須って事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です