FC2のVPSを借りてみた

学生の頃、ノートパソコンで自宅サーバーを構築して公開したりしてた時期もありましたが、就職しサーバー運用の業務に携わるとサーバーってそんな甘いものじゃないなって感じました。

その会社のサーバーはラックサーバーなんてお高い物ではなく、普通にデスクトップPCを組み立ててそれをサーバーにしてたせいもありますが、よくHDDが吹っ飛ぶ。

ハブも吹っ飛ぶ。

増設したLANカードもよく吹っ飛ぶ。

電源も壊れるし、UPSが煙を上げた事だってあります。

海外からサーバー乗っ取ろうとたくさんのハッカーもやってきます。

そんなこんなでサーバー対応に怯える毎日でしたが、転職しサーバー運用から解放されました。

しかし、最近思うのはこのままだと今の自分は技術がどんどん狭くなっていってしまうのではないかと。

ただでさえ技術不足(転職活動中痛いくらい身に沁みました)なのに、せっかく覚えたサーバー関連の知識をこのまま育てず手放していいのかと。

てことで、最近お安くなってきているVPSを借りてみる事に。

なぜFC2を選んだのか?

とりあえずのお勉強用なので、月額1000円以下のお値段が安い物をセレクト。

さくらインターネットとか

GMOとか

ServerQueenとか。

DTIとか。

安いところは色々ありました。

ちなみに、さくらとGMOは現在1000円超えちゃってますが、増税前は1000円以下だったんです。

しかし、さくらやGMOみたいな高スペックは要らないのでそれらは対象から外れます。

でもメモリーは1GBくらいあった方がいいかな、なんて考えるとドメイン1つプレゼントしてくれるFC2がお得かなと。

感想その1。

購入画面がすごく使いづらい。

感想その2。

色々調べるとサポート対応が悪いって書いてありますが、自分は2回ほど設定ミスってサーバーにログインできなくなりメールで連絡しましたが、どちらも夜中メールしてお昼前には対応が完了しました。

なので、そんなに悪い印象はありません。

調べていてわかった事なんですが、FC2ってVPS事業はGMOと協業してるみたいです。

VPSだけFC2IDで購入ができなかったりと疑問がいろいろありましたが、これで納得いきました。

協業した事でサポート対応も改善されたのかも?

そう考えると、VPSってほぼGMO傘下のサービスばかりですよね。

GMO・・・恐ろしい子。

色々な設定などは個別にまとめていこうと思っています。

Surface mini

今更知った「Surface mini」なる存在。

去年末からWindowsタブレット欲しいとは思ってるんですが、なんかしっくりくる物が無くまだ買ってないんです。

そんな中、Amazonに未発表の「Surface mini」のケースが売り出されたと話題になってますね。

去年から発売の噂があったようですが、自分は全然知りませんでした。

噂では5月18日に発売されるかもなんて言われてますが、どうなんでしょうね。

いまだにAmazonから該当のケースは削除されていないらしく、偽物ならすぐに消されるだろうし、販売元がiPadなんかのケース販売で有名な会社らしく、釣りである可能性は少ないであろうと言われてます。

また、Microsoftがこの件に対して何の発表もしていないのが怪しいなんて声もあるようです。

にしても、情報漁ってても全然端末のスペックがわからないんですよね。

8.5インチだ8インチだ7インチだと色々なサイズが噂されていますが、肝心なCPUとかメモリー容量とかそういった部分が全然見えてこない。

早く発表されないかな。

雑記

いろいろと記事をまとめて書くのにも疲れてきたので、たまには雑記でも。

実はまだ下書き状態の記事が 20 件程溜まっていたりします。

旬な物はその都度上げるようにしてますが、まぁ CSS とか PHP とか後々でも大丈夫な物は大半後回しです。

さてさて、最近欲しい物がありまして。

SmartWatch 2 SW2 と Nikon D5300。

SmartWatch 2 SW2 は言わずと知れた SONY さんのスマートウォッチですよね。

実は旧型の SmartWatch NM2 を持っていて、スマートウォッチは世界に広まりつつあると思っていたのですが、未だに「何それ!」って言われることが多々あります。

この NM2 はいろいろ欠陥がありまして・・・

特に充電!

専用ケーブルなのでそのケーブルがないと充電できない。

そして何よりの問題は接触が悪い!

はじめはそんなことも無かったんですが、使うごとに反応が悪くなり、ケーブルつないで置いておいたのに気がつくと充電されてないなんてこともしばしば。

アプリのバージョンアップで改善されましたが、初期の頃は1度接続が切れると再度繋ごうとしてもうまくいかず、ペアリングし直すなんてこともありました。

そんな NM2 から SW2 に乗り換えたいんです。

ただ買って半年後とかに SW3 とかが出ちゃわないか心配で・・・

SW2 も発売から半年ですからね、そろそろ新機種の噂が出てきてもおかしくない頃かなと。

ようやく Xperia Z 向けの割引キャンペーンが 2014 年 5 月 7 日まで限定で行われているので、ぜひこの機会に買いたいのですが・・・

でも Xperia Z2 でたらまた Xperia Z2 向けの割引キャンペーンやったりするのかなと思ってみたり。

Xperia Z2 を購入するのはもう決定事項なので。

そういえば、ドコモの発表会が5月にあるらしいですね。

いやー楽しみだ。

と、話が逸れましたが、2つ目の Nikon D5300 。

去年の終わりに発売されたばかりの最新一眼レフカメラです。

前々から一眼レフは欲しかったんですが、使用用途があまり無いので購入に踏み切れず。

最近無料写真素材屋なんかをやろうかと考えておりまして。

そうするとやはり一眼レフとかでちゃんと撮った写真がいいよなーと。

旧型の D5200 が初心者におすすめなモデルらしく、お値段も2年前の機種なのでお手頃価格になっています。

しかし・・・

新もの好きな自分はやはり最新機種が欲しい。

カメラオタクな友人に言わせると

「最初は高い物を買うより安い物を買って撮り方をまず学ぶべきだ。最新機種なんかより2年前ぐらいのモデルの方が初心者向けだし、中古でもいいくらいだ。」

なんて言われまして。

すごく悩んでるところなんです。

そんなこんなな感じですが、たぶん SW2 はそのうち買います。

カメラはボーナスが出たら・・・

お金っていくらあっても足りないですよね。

Cellular Phone

社内メールって、メールのフッターに会社の名前とか部署とか電話番号とか入れたりしますよね。

そこに Cell って項目を入れてる人を見つけまして。

Cell ってなんぞや、Call の間違いなんじゃないの?、でも電話って普通 Tel じゃない?とかいろいろ考えましたが、Tel はその下に記載されてるし、Cell の横に記載されてるのは携帯電話の番号だしってことで調べてみました。

Cellular Phone。

携帯電話のことでした。

日本では Mobile Phone が一般的ですよね。

しかし、Mobile Phone というのはカテゴリーらしく、その中に Cellular Phone と Satellite Phone(衛星電話)があるらしい。

衛星電話ってそもそも持ち歩けるのか?とか考えましたが、ワイヤレスなのでたとえ大きかろうが持ち運べますよね。

最近は小型の衛星電話もあるみたいですし、衛星電話も立派な Mobile Phone。

ちなみに、Cellular Phone は基地局を一定間隔で設置することにより、基地局ごとに一定のエリア(セル)をカバーするシステムを使用した電話のことだそうです。

なので一般的なドコモとか au とかソフトバンクとかの携帯電話は Cellular Phoneです。

しかし、衛星電話なんて一般にはあまり出回ってないですし、「Mobile Phone = Cellular Phone」という解釈が一般的らしい。

さてさて、Cell が携帯電話を指していることはわかったんですが、自分的にはモヤモヤが・・・

Cell・・・

間違ってないんですけど、パッと見てわかる人って少ない気がする。

いろいろなメールを漁ってみましたが「携帯」って書いてる人が多いですね。

IT 系の企業だと「Mobile」て記載してるところもありますね。

他は英語で記載してるのに携帯電話だけ「携帯」って日本語で書いてあると違和感あるし、自分的には「Mobile」かな。

Microsoft純正リモートデスクトップアプリ

巷では Chrome がブラウザでリモートデスクトップできるようになったと話題となっていますが、やはり純正の方が自分的にはいいな。

てことで、去年リリースされた Microsoft 純正のリモートデスクトップアプリ。

起動
起動

■Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.rdc.android&hl=ja
■iOS
https://itunes.apple.com/us/app/microsoft-remote-desktop/id714464092

起動するとこんな画面。

起動後の画面
起動後の画面

「New Remote Desktop」をタップして接続設定をします。

接続設定
接続設定

「Connection name」は接続設定の名前

「PC name」は繋ぐ PC の接続名か IP アドレス

「User name」は繋ぐ PC のユーザー名とパスワード

ここで注意点。

「PC name」は繋ぐPCの接続名か IP アドレスと書きましたが、接続名はホスト名では駄目です。

たとえばホスト名が「test」だった場合、「test.example.jp」のようにドメイン形式のFQDNと呼ばれる形式で指定しなければいけません。

はじめこれを知らず、繋げなくてずいぶん悩みましたが、下記サイトさんが参考になりました。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1311/20/news120.html

接続するとこんな画面が出ます。

接続
接続

once が1度だけ、always は常に接続。

タップすると PC に接続されます。

動作的にはそんなに重くもなく快適。

ただ、なぜかブラウザのスクロールができない。

他のテキストエディタとかメールソフトとかは画面スクロールできるのに、ブラウザだけ。

常用してる Sleipnir も Chrome も両方。

なぜだろう。

とりあえず今回のレポートはこんな感じです。

AirdroidとMobizen

スマホ(Android)からPCに写真とかファイルを取り込みたい時、通常は USB で接続したり、クラウドにアップロードしたり意外と面倒臭い。

それを解消してくれたアプリが「Airdroid」

画面
画面

■GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sand.airdroid&hl=ja
■本体サイト
http://web.airdroid.com/

パソコンと同じネットワーク内にある WiFi にスマホ繋ぐだけで、パソコンのブラウザーからスマホ内のファイルをダウンロードしたりできる優れもの!

ファイルの操作や。

ファイル画面
ファイル画面

アプリの管理もできます。

アプリ画面
アプリ画面

ただ・・・

結局スマホを WiFi に繋いであげないといけないわけで。

自分は常に WiFi はオフにする派なので、スマホ側で WiFi をオンにする操作をしないといけない。

スマホに触れず動作して欲しい。

便利だけど今一歩かゆいところに手が届かないなぁなんて思っていたら、バージョンアップでモバイルネットワークに対応しちゃいまいした。

ただし、モバイルネットワーク経由の接続だと月 100MB の転送容量制限が付きます。

プレミアム会員になれば 1GB になります。

また、バージョンアップで防犯機能が追加されたそうで、紛失時などに音を鳴らしたり、地図で場所を探したりできるそうな。

実に便利なアプリです。

しかーし、そんなアプリをしのぐアプリがついにドコモから・・・

その名も「Mobizen」

ログイン画面
ログイン画面

■GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttdocomo.sdlmobizen
■本体サイト
https://mobizen.jp/

まだベータ版ですが、素晴らしいです。

「スマホ内のファイルをいじれるよ!」なんてもんじゃない。

スマホの遠隔操作(ミラーリングと言うらしい)です。

下記の画像がログイン後の画面。

ログイン後の画面
ログイン後の画面

見れば一目瞭然ですが、右にスマホの画面がまんま映し出されます。

この画面でスマホの操作ができるのですが・・・

操作した内容はまんまスマホの画面に反映されます。

なので、画面 ON にすればスマホの画面も ON になるし、アプリ立ち上げるとスマホの画面でもアプリ立ち上がるし、完全な遠隔操作です。

おかげで電池の減りが速くなります。

スマホめっちゃ発熱します。

でも便利。

例えば、職場でスマホをカバンに入れたままでもメールチェックや LINE のチェックができます。

スマホが手放せない現代人にはうってつけですね。

まぁこの画面がウィンドウにデカデカしく表示されてたら確実に怪しまれそうですが・・・

そこはウィンドウサイズ調節して上手にやりましょう。
※職場で試して上司に叱られたりしても責任はとりかねます。

もちろん、「Airdroid」と同じように写真やファイルをパソコンにダウンロードすることもできます。

こんな素晴らしいアプリですが、欠点が。

ドコモの限られた機種しか対応していない・・・

対応機種は下記ページからどうぞ。
⇒ https://www.nttdocomo.co.jp/service/trial/trial_app/mobizen/index.html

対応していない機種でも Android 4.0 以上であれば一部の機能が利用可能だそうな。

「mobizen」は元々、RSupport という韓国の会社が Windows アプリケーションとして開発していたソフトらしいですが、ドコモと合弁会社を設立しブラウザアプリに落とし込んだようです。

ちなみに元の Windows アプリケーションはというと、元サイトであったであろう「mobizen.com」というサイトが「mobizen.jp」にリダイレクトされるようになっているので現在はダウンロードできません。

同時に、公開されていた元のスマホアプリも GooglePlay から削除されており、現在はドコモ版のみが公開されている状態。

探せば古いバージョンをアップローダーなどに挙げてやり方を解説しているサイトなどが見つかりますが、たぶん使用してるサーバーなどが変更されていると思われるので動作しないでしょう。

スマホ内のファイルをパソコンにダウンロードしたりするのは「Airdroid」で十分ですが、「mobizen」の様なアプリも便利ですよね。

「mobizen」の正式版はやくリリースされないかなー。

追記

ドコモが 2016 年 3 月 31 日で Mobizen の提供を終了すると発表しました。
⇒ 「スマートデータリンク Mobizen(モビゼン)」提供終了のお知らせ

今後は RSupport 単独に戻して提供を続けるようです。

引用元:Mobizen

圧縮・解凍ソフト「Bandizip」

星の数ほどあふれる圧縮・解凍ソフト。

Lhaz、+Lhaca、Lhaplus、Explzh、WinRAR、7-Zip などなど・・・

自分は Windows XP を使い始めたころからずっと「Lhaplus」一筋。

ダブルクリックで解凍できちゃう便利さが大好きでした。

しかし・・・

Windows 7 の 64bit に乗り換えたあたりから異変が・・・

たまにエラーを吐いて解凍できない時がある。

初めはファイルがいけないのかもしれないと思い、送りなおしてもらったりしてみましたが解決せず。

他の人に頼んだらあっさり解凍できる。

仕方がないので「Lhaz」を入れて、解凍できないファイルはこっちで解凍するなんてことをしてました。

公式に 64bit 対応はしてないですし、2010 年からアップデートは止まってるし、まぁ仕方ないかなと。

しかし、Windows 8 に乗り換える時、ついに「Lhaplus」との別れを決意。

そこでインストールしたのが「Cube ICE」。
⇒ http://www.cube-soft.jp/cubeice/index.php

名前もかっこいいし、圧縮ファイルのアイコンもかっこいい。

64bit 対応で動作も問題なし。

しかし・・・

いろいろと調べてわかったのは、圧縮や解凍の速度がすこぶる遅いということ。

確かに遅い。

ファイルが大きいせいかな、なんて思ってましたが、どうやらソフト側に欠陥があるようです。

まぁそのうち改善されるかな、なんて思い使用し続けていましたが、1年以上アップデートなし。

同じ会社が作ってる「CubePDF Utility」ってソフトは結構頻繁にアップデートしてるのに・・・

そして「Cube ICE」との別れを決意。

そんな中、いろいろ探していて見つけたのが「Bandizip」。
⇒ http://www.gomplayer.jp/bandizip/
⇒ https://www.bandisoft.com/jp/bandizip/
※いつの間にかダウンロードサイトが Gomlab から Bandisoft に移行されていました

いつもお世話になっている「GOM Player」を作っている会社が作っています。

64bit 対応でマルチコアにも対応。

ちなみに「Cube ICE」もマルチコア対応していますが、圧縮の際に毎回手動で使うコア数を設定しないといけません。

「Bandizip」は環境設定画面に「マルチコアを使用してZIP圧縮する」という項目があるので、そこにチェックを入れるだけ。

まだインストールしたばかりなので、感想は特になし。

ただ一ついうのであれば・・・

アイコンが解凍ソフトっぽくないのが何となくうーん。

自分的には「Lhaplus」とか「Cube ICE」みたいにキューブ状のアイコンがいいな。

「GOM Player」も優秀なので、この「Bandizip」も優秀なソフトであることを期待します。

サイト構築におけるフォントサイズはptよりもpx

「pt」ってなんかプロっぽい。

どこかのサイトさんの CSS 説明で pt を使用しており、なんかその他とは一味違う感じのプロっぽさに憧れました。

そんな単純な理由でフォントサイズに pt を使用していたわけですが・・・

昔、知人に「えっ、pt 使ってるの?」って驚かれたことがあり、正直その時は何を驚いているのかよくわからず。

今ならわかるよ・・・

px が良い理由は単純。

横幅や縦幅のサイズを px で指定しているから、フォントも同じ px で指定した方がデザイン崩れが少なくなる。

line-height などの余白を考えなければ、通常文字サイズが 20px ならそのボックスの縦幅と横幅は 20px になる。

そう、サイズの指定が楽なんですよね。

アイコンを作る際も、文字サイズが 20px なら画像も 20px で作ってあげればいい。

あぁ、なぜこんな単純なことに気付かなかったのだろう。

追記

最近の流行は px ではなく em や rem だそうですよ。

変換するのが面倒なので、自分はしばらく px で戦います。

WordPress 3.8.3

先週、3.8.2 へのアップデートが配布されたばかりですが、なんともう 3.8.3 が・・・

何やら小さなバグが見つかったようですね。

うーん、昨日ようやくアップデートしたというのに・・・

でも 3.8.2 はバグがあるって言ってるのでアップデートしない訳にはいかないですよね・・・

面倒だなぁ。

さよならXP

というわけで、ついに4月9日をもって XP さんのサポートが終了しました。

既に Windows 7 に乗り換え、その快適さに心奪われて以来 Windows XP に見向きもしなかったわけですが・・・

実は自宅の共有ディスクサーバーが Windows XP で動いております。

ここでサポート切れになった Windows XP の様子を見てみましょう。

XPサポート切れ
XPサポート切れ

というわけで、デカデカしくサポート終了のお知らせが。

さて、どうしたものか。

Windows 7 を入れてもいいけど、インストールし直して設定し直すのが面倒。

思いついたのは、こいつを WAN から隔離してローカルのみの状態で使用し、ウィルススキャンとかは他のパソコンたちに任せる。

なんてのも有りかと。

うーん、どうしよう。

Windows Server 2014 が出るとかでないとか噂があるので、買ってみようかなとも思いますが、如何せん機体が古い。

CPU が Core 2 Duo ですよ。

きっとまだまだ現役で使用してる方も多いと思いますが・・・

Windows 8 とかインストールできるのかな?

メモリとかさえ大丈夫ならいいのかな?

取り合えずしばらくはこのままかと。

ケースも、初めて自作した時のケースを使ってるので結構大きい。

場所取ってる。

celeron あたりを買ってミニミニ PC 作ろうかな。

か、ここは前からやりたかった AMD の CPU を使用した低コストな PC 作成にチャレンジするか・・・

うーん。

どちらにしろお金はかかりますね。

うーん。

またゆっくり考えよう。