Xperia Z2の噂

2月末の MWC2014 で発表される見込みの Xperia Z2。

コードネームは「Sirius」。

今まで日本名っぽいのが多かったのに今度は星の名前ですね。

今のところ噂されてる基本データとしては

OS:Android 4.4 Kitkat
画面:5.2 インチ FullHD 1920×1080
CPU:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974AB 2.3GHz クアッドコア
メモリ:2GB

出回っている噂としては

  • メモリが 3GB になるかも。
  • Xperia Z1 に比べ薄型化ベゼルレス化したため、液晶は大きくなっても重さやサイズはあまり変わらない
  • apt-x 対応?
  • S-Master が搭載される?
  • トリルミナス液晶に IPS 方式が導入される?
  • 画面サイズが 2560×1400 ドット(WQHD)かも
  • 超解像技術は「モバイルブラビアエンジン3」をベースにした「X-Reality for mobile」

などなど・・・

非常に楽しみではありますが・・・

画面サイズが 5.2 というのが気になりますね・・・・

ベゼルが薄くなったことで今の Xperia Z1 とサイズが同じであったとしても、正直 Xperia Z1 も自分にとっては大きいんです。

Xperia Z でさえ初めて持った時に大きいと感じたぐらいです。

画面が大きくなりすぎるとポケットにも入りずらくなる。

自分的には Xperia GX の 4.6 インチくらいがちょうどよかったです。

初心者はPhotoshopよりFireworksの方が使いやすい

前々から Photoshop を使えるようになろうと奮闘しているのですが、先日とあるデザイナーさんのブログで「WEB の素材を作るなら Fireworks の方が使いやすい」という内容の記事を見つけました。

一番初めに買った Adobe 製品は CS3 の Web Standard で、Photoshop は入っていませんが Fireworks が入っていました。

しかし、この頃の自分は「画像加工なら Photoshop」的な初心者発想があり、しかもフリーソフトの Gimp に慣れていたので Fireworks を使うことはありませんでした。

現在も Gimp を愛用していて、Photoshop に慣れないのもそのせいかもしれません・・・

で、ブログを読んで Fireworks を使ってみようと思い立ちました。

感想としては「Photoshop より使いやすい」です。

Photoshop は高機能故に初心者からすると正直扱いづらいです。

しかし、Fireworks は Gimp に似ていて使いやすい。

よく「Gimp は Photoshop に匹敵する画像編集ソフト」なんて言葉を目にしますが、確かに Gimp は高機能な画像編集ソフトですが、インターフェースは Photoshop より Fireworks 寄りだと思いました。

自分がやることと言えば、拾ってきたフリー素材を切り貼りして、サイトに載せる画像を作るくらいなので Fireworks で充分です。

続・Windows 8をインストールした

発売から3ヶ月。

そして今日でダウンロード版の格安価格が終了です。

先月末に PC を最新版にアップグレード!!

intel 様の i7-3930K なる6コア 12 スレッドかつ 32GB のメモリーを搭載したワークステーション!!

前から憧れていたスペックにようやく到達しました!

しかし、組み立てても電源はいらなかったり、勝手に電源落ちたり、いろいろと壁もありました・・・

さて、ちゃんとインストールしてみての感想をまとめてみます。

アップグレード版のクリーンインストールは不可能

まぁ当たり前なんですが・・・

初回お試しでインストールした時は Windows 7 が別 HDD に入っていたからなのかインストールできたんですよね。

まっさらな状態で試したらできませんでした。

いや、インストールはできます。

ライセンス認証ができないんです。

アップグレードを行うと「何も引き継がない」にしても勝手に前 OS の引き継ぎデータなるものが生成されますが、それは削除可能なので手間をかけてでもアップグレードしましょう。

まぁ削除方法はまた今度にでも・・・

タッチディスプレイでなくてもキーボードショートカットで快適に使える

なんといってもあの独特のスタート画面が嫌われています。

まぁはじめは「なにこれ?」とか思ったんですが、いろいろと Windows 7 よりも動作がきびきびしているので最終的に手放せなくなりまして。

キーボードのショートカットを使用したらすごい快適になりました。

たとえば・・・

「win + i」で右側の設定画面が開けます。

前はいちいちマウスを右下に持って行ってたんですが、反応しない時があるんですよね・・・

でもこのショートカットのおかげで劇的に変わりました。

あとよく使うのは「tab + alt または win + tab」でタスクの切り替えですね。

まぁこれは前からあったんですけど、Windows 8 からは「win + tab」がアプリの切り替えになっています。

なので、デスクトップアプリでいろいろ作業している時にミュージックアプリに切り替える場合など、いろいろとタスクを起動している場合は「win + tab」の方が早く切り替えられます。

あとは「win + x」でデスクトップメニューなるものが左下に出てきます。

コンピュータの管理とかコマンドプロンプトなど、Windows 8 からは階層が奥に入ってしまって起動するのが面倒臭い管理系ソフトが簡単に呼び出せます。

まぁ今のところはこんなものでしょうか。

感想2つしか書いてませんが・・・

アプリが少ないのでもう少し増えるともっと面白くなると思いますよ。

Googleの検索がSSL化

Google の検索がいつの間にやら http から https になっていたそうです。

去年から Google にログインしてる場合は https だったりと、徐々に変更していたようですが、今回ので完全に https になるようです。

検索キーワードは個人のプライバシーに触れる可能性があるため、保護する必要があると考えたようです。

一般ユーザーからすれば、セキュリティが高くなって良いことです。

しかし、通販サイトなどを運営しており Google アナリティクスで検索キーワードを分析している人には嬉しくない。

https になると検索キーワードが暗号化されてしまうので、正常に解析出来なくなってしまうんです。

なので、ユーザーがなんて検索してサイトにやって来たのかがわからなくなるんです。

今後、自分もそういった仕事をすることになるかもしれないので、問題になりそうです。

追記

Adwords(Google の広告プログラム)に登録している CP の場合、そっちの管理画面からある程度の検索キーワードがわかるらしいです。

ただ、注意すべきなのがユーザーが入力した検索キーワードではなく Adwords に登録したキーワードの集計がわかるという点です。

Windows 8 をインストールした

Windows 8 が 10 月 26 日に発売しましたね。

0時になった瞬間にダウンロード版を買おうと思ってたんですが、アップグレード版ということもあり(Windows 7 の環境を Windows 8 で作り直すのが面倒臭い)踏み出せず・・・

しかし、昨日インストールいたしました!!

というか、アップグレードしなくても新規インストールができました。

無駄な心配だったようです・・・

なので現在は Windows 7 と Windows 8 のデュアルブート状態。

Windows 8 もなかなか快適ですよ。

でもやはり Metro UI は賛否両論ありますよね。

会社の先輩はこの UI のデザインが気に入らないとおっしゃっておりました。

RT 版で初めて触った時は動きがまったくわからず・・・

なんじゃこの UI は!!使いづらいことこの上ないわ!!とか思ってたんですが、慣れればささっと動かせるようになるものでして。

でもスタート画面に株式情報とかがあるのは意味が分かりません。

みんな株やろうぜ!!的なあれですか?

てのは置いといて・・・

全体的に動きはきびきびしててなかなか爽快です。

しかし、IE は期待を裏切りませんね(悪い意味で)。

もう数回、不具合を発生しております。

固まっちゃって、無反応で、しばらく他のタブに切り替えられず(スタート画面とか他の画面には移動できます)、タブが移動できるようになったから該当のタブ消そうとしても消えなくて・・・

なんてことが数回ありました。

twitter においては初め開いたときにアプリ向け UI で表示され、こういう仕様なのかな?とか思ってたら突然 PC 用 UI に切り替わり・・・

IE 素敵使用ってやつなんでしょうか。

他に心配点といえばドライバが対応してないことですかね。

グラボは対応してた?のでインストールできましたが、チップセットとかは Windows 7 のやつを使おうとしたら拒否られました。

現状問題なく動いてますが大丈夫なんでしょうか?

Windows 7 のときは Windows Update にドライバも含まれてたので、ほぼ自動でチップセットのドライバもインストールされたんですが。

一部情報によるとインテル側がまだ完全に Windows 8 の対応ができてないとか・・・

なのに発売しちゃったから「インテル怒ってる」的な感じだとか。

一応インテルページにいくと「Windows 8 のドライバこっちだよ!」的なのありますが、どこにダウンロードリンクがあるのかわからず断念。

PC の構成を自動で判断して必要なドライバ探してくれるアレも試してみましたが、検索結果表示部に「503」とか表示されて役立たず。

しばらくは Windows 7 メインで使うとします。

次に PC 組みなおす時にでもメインに格上げしよう。

続・ドコモのOpenIDログインでエラー

前回無事 OpenID の設定が完了したわけですが。

またまた行き詰まりました・・・

しかも前回の問題が解決し、正常に動いたかと思われた1時間後に・・・

続きを読む 続・ドコモのOpenIDログインでエラー

ドコモのOpenIDログインでエラー

先日ドコモの OpenID を使用したログインシステムを作る機会が有ったのですが。

行き詰まりました。

めちゃくちゃ悩みました。

ネット世界を這いずり回ってようやく答えを見つけたので記録。

続きを読む ドコモのOpenIDログインでエラー

strlenで値がおかしくなる

どうやら UTF-8 に対して strlen を使用するとバイト数がおかしくなるらしい。

UTF-8 は文字によってバイト数がバラバラで、1~6バイトまであるそうな。

どうやらこれが原因らしい。

なので strlen を使用して「2バイトなら全角、1バイトなら半角」の様な判定をしようとするとうまくいかない。

なので下記の様に一度 sjis に変換して strlen を使用すると正常なバイト数が取得できる。

strlen(mb_convert_encoding($str,"UTF-8","SJIS"));

追記

mb_strlen() という関数があるというコメントを頂きました。