Acrobat DCでトンボのついたPDFをトンボを消したPDFに変換する

この間、トンボを含むPDFからトンボを含まない画像を生成する方法を書いたわけですが。
⇒ PDFファイルを画像ファイルとして出力する方法

今回はトンボを含むPDFをトンボを含まないPDFにする方法を。

使用するのはAcrobat DC。

今までのAcrobatとデザインがガラッと変わり操作し辛くなりました・・・

では、早速手順を紹介します。

やり方

1.「ツール」>「印刷工程」をクリック

step1
step1

2.右側に表示される「ページボックスを設定」をクリック

step2
step2

3.「余白の制御」で「トリミングサイズ」を選択し仕上がりサイズと同じ値を設定する

step3
step3

4.右下の「ページ範囲」を「すべて」にチェックして下の「OK」をクリック

step4
step4

5.「環境設定」内の「文書」の「非表示情報」で「文書を閉じるときに非表示情報を検索して削除」にチェックを入れて「OK」をクリック

step5
step5

6.「ファイル」>「閉じる」をクリックすると下記の様なウィンドウが表示されるので、「情報を削除するが、この文書を閉じない」を選択して「OK」をクリック

step6
step6

7.左側にツールが表示されるので、ステータスが完了になったら「削除」をクリック

step7
step7

これでトリミングされた部分が削除されます。

「ページボックスを設定」のプレビューを確認してトンボが無くなっていたら保存して完了です。

last
last

注意

透明効果が使用されていると、該当の箇所の表示がおかしくなります。

その際は手順6の前に「PDFの最適化」で「透明」にだけチェックを入れてPDFの最適化を行っておくと表示がおかしくならずに済みます。

step8
step8

また、「文書を閉じるときに非表示情報を検索して削除」を設定するとPDFを閉じる際に常に削除するかを問うダイアログボックスが表示されるようになります。

必要なければ設定を元に戻しておきましょう。

あまり使う機会は少ないと思いますが、もし機会があったら試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です